FR       EN       JP (日本語)                      

Châteaux / Créations

Vins

    
Patrick Jestin
Accueil | La maison | P. ジェスタン、CEO挨拶

新たなベンチマークを打ち立てる

パトリック・ジェスタン、ドゥルト社CEO

1840年、ボルドーにて創業。ドゥルト社はその信頼度の高さと革新的戦略から、たちまちボルドーを代表する優良生産家として高い評価を得ます。このパイオニア精神は、私たちがこれまでに経た歴史のあらゆる段階において生かされてきました。

1987年、 Dourthe N°1(ドゥルト・ヌメロ・アン)プロジェクト、新しいスタイルの辛口ボルドー白ワインの誕生です。ここボルドーにおいても、これまでの慣習をくつがえし、新たなスタンダードを創り出せるということが立証されました。熱意ある生産家たちをパートナーとして迎え、栽培方法に関するアドバイスを提供すると同時に、醸造分野においても新たな方針を打ち立てました。「ドゥルト・ヌメロ・アン」は発売後たちまち人気商品となり、辛口ボルドー白ワイン業界におけるベンチマーク的ブランドとして、真のイノベーションを起こしました。

当時から、今後さらなる発展を遂げる上で、自社ブドウ畑の開発に取り組むべきであるとの考えがありました。それ以降、ワイン用ブドウ栽培事業の拡大を加速させます。1979年にシャトー・ベルグラーヴを買収後、これまで25年間で新たに8軒のワイナリーを購入しました。ワイナリーにはそれぞれ紆余曲折、冒険がありましたが、この間、私たちは、ブドウ畑、そしてワインに対する情熱をさらに強めていきました。いずれのワイナリーでも、あらかじめ課せられたプランニングに従って改善を実行しています。

2000年、ブドウ畑に関する知識も十分に深まっていました。一部の区画はまさしく最高レベルの、類まれなる品質を誇る畑です。そこで、さらなる高みを目指して、私たちがボルドーのグランヴァンに対して抱いているイメージどおりの、他に例のないオリジナリティあふれる作品を新たに発表するプロジェクトが始動します。Essence de Dourthe(エサンス・ド・ドゥルト)です。はじめに、ドゥルト社ワイナリーの責任者たちに対し、各ワイナリーの中で最高のテロワールを選り抜くよう指示が出されました。極上のピュアさを含み、これ以上なくテロワールに忠実な表現に満ちたワインの誕生にすべてが捧げられました。結果は私たちの期待を大きく上回るものでした。「エサンス・ド・ドゥルト」は、グランヴァンの殿堂入りを果たしています。

これら成功の裏には必ず、並々ならぬ情熱と膨大な作業量、そしてイノベーションに積極的な姿勢があり、これらは日々さらなる向上に取り組む私たちの原動力ともなっています。

Vendanges

Grappe



現在お住いの国での法定飲酒年齢に達していますか?

はい いいえ